どこでやるのか

人はこの世に生まれたらいつかはなくなります。
人が亡くなった時に行われる儀式が葬式です。その最後の大きな儀式である葬式には種類がたくさんあるのです。
葬式をとり行われる場所もさまざまな場所があります。
まず葬式が行われる場所にはどんなところがあるのか見てみましょう。
一般的に葬式が行われるのは葬儀会館や寺院、集会場や自分の家などがあります。
自分がどのような葬式がやりたいかによって場所が決まってきます。
家族葬などの小規模なものであれば自分の家で行う場合が多いですがそれ以外では葬儀会館などを借りておこなうのが一般的です。それぞれの場所にはメリット、デメリットがあります。
地域の集会場などを利用する場合、利用料金が格安で済むことが多いです。ただ借りるためには地域の住人でなければなりません。また集会場は使用用途が葬式ように作られていないので準備が大変です。
民間の斎場をする場合値段は少々張りますが、いろんなサービスを取り揃えており自分がやりたい葬式を自由に行うことが容易です。
この他にも場所によってさまざまなメリット、デメリットがあります。自分の都合に合わせた場所をチョイスして素敵な葬式にしたいものです。






What's New

2013/02/05
新着情報3を更新。
2012/11/08
新着情報2を更新。
2012/10/09
新着情報を更新。
2012/06/15
葬儀会社を更新。
2012/06/15
自由葬を更新。
2012/06/15
家族葬を更新。
2012/06/15
直葬を更新。
2012/06/15
葬式の方法を更新。
2012/06/15
ホームページリニューアル

Recommend Entry

現状の考慮

正直何百万もかけて葬式が出来るほど裕福ではない、現状を考慮すると普通の葬式以下になるかもしれない、でもそんな事で悩むと故人は成仏出来ませんよ。気持ちがあれば葬式はなんでも良いのです。

抱え込まない

葬式のためにあれこれ気をもんでしまうのはある意味で当然なのですが、それでも、必要以上に抱え込まないようにしましょう。故人もそれを望んではいないのではないかと思います。

むかし

昔お葬式のところで働いていたことがあるんです。最近は色々なサービスやプランの内容があるんですね。湯灌といって故人をお風呂に入れて洗ってあげるということもしておりました。最後はキレイにしてあげたいですもんね。